ストレスフリー!ケアしすぎないニキビケア

ケアしすぎない、ニキビケアもある


ニキビというのは、二十歳すぎたら吹き出物、などといいますように、女性にとって、いくつになっても悩みの種です。
30代以上になりますと、ストレスなどでできる顎のニキビに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
ニキビケアというと、オイリー肌を気にして、さっぱりした化粧品をこのんで使う方も多くいらっしゃいます。
しかし、このケア方法がすべての人にぴったりというわけではありません。
乾燥させないように、もっと油分を出さなければ、と肌がますます油分を外に出そうと働いてしまうこともあるからです。
では、どのようにケアしたほうがいいでしょうか。

気にしすぎて肌を傷める方が問題

実は、気にしているあまりにケアが過剰になっている場合、少し、ほったらかしにするくらいの気持ちが必要なのです。
どういうことかというと、夜、たっぷりの泡で、肌に手が触れることなく、泡のクッションで丁寧に洗顔をしたら、保湿効果の高い化粧水をたっぷりたっぷりつけます。
翌朝は、水のみで優しく洗顔するのです。
この方法でニキビが激減した例もありますので、今のケアで改善が見られない方は、一度お試しになるといいでしょう。

ストレスがお肌の状態を悪くする

ニキビができる一番の原因は、ストレスだと言われています。
無理に何かを仕遂げようなどと思わず、大らかな気持ちで生活をしていけば、極力避けることは可能です。
目的を達成するためにも、それなりの努力は必要です。
あまり化粧品を盛り込みすぎても、返って肌を痛めてしまいます。
神経質にならないのもケアになります。

ニキビケアは簡単でも効果がある

ニキビケアに欠かせないのが洗顔と化粧水ですが、ストレスを溜めないことが重要になってきます。
思った通りにいかずイライラしてしまい、白ニキビが顎の下あたりにできてしまうというパターンの人は、けっこう多いです。
ストレスが溜まってきたなと感じたら、無理に続けずに、少し休憩を入れて、また続ければいいわけです。
早く事を済まそうと焦ってしまうから、吹き出物ができやすくなってしまうのです。
何事も落ち着いて作業を実行するのは困難ですが、多くのものを一気に片付けるのではなく、一つクリアすれば、またその繰り返しをしていけばいいのです。
じっくりスキンケアに取り組んでいきましょう。